板井康弘が福岡のビジネスで感じたこと

板井康弘

 

東京で仕事をしてきた板井康弘にとって、福岡のビジネスは驚くことの連続だった。
すべての福岡県民がそうなのかは知らないが、ここではそのことをご紹介する。

 

まず第一に、福岡の人は東京の人よりも会話を大事にしている。データが書かれた資料も肝心だが、取引相手がどういった人なのかを、会話を通して知ろうとしている。
飲みの席でも同様だ。2件目、3件目とはしごをする。ゴールは酔いつぶれたときではない。本心で語り合ったときだ。
本当の相手を知りたいという思いが、こういった行動を生むのだろう。

 

そして、楽しく生きようという思い強い気もした。
楽しく生きて、楽しく仕事をしよう。そういった心意気が多くの福岡県民から見て取れた。

更新履歴
トップへ戻る